嫁取婿取よめとりむことり
「これ/\、俊一、二郎、じゃあなかった。英彦、いや、雅男、一寸その新聞を取っておくれ。そのお前の側にあるのを」 と、山下さんはこれを能くやる。男の子を一人呼ぶのに、家中の名前を口に出す。細君も、 「安子、清子、じゃあない。春子、あら厭だ。芳 …
作品に特徴的な語句
たく かす ファザー なんに ずく 経緯わけ のり はぐ 道理わけ ちっ ろう いず 腫物でき たった けたたま せき ほん 義弟ブラザー・イン・ロウ 何方どなた はた けい こわ 内々うちうち いで けん おく 螢火けいか 芳紀としごろ 肋骨あばらぼね ひと よんどこ かえりみ ざま せん つぶ 音信いんしん つもり しゅうと むな もう 彼方あっち ちょう 如何いかが 末男ばつなん はた 此方こっち はず こまか なだ ろう なぐ 老鋪ろうほ かな たいら 老輩ろうはい おぼ 日外いつか 言質げんしつ 彼処あすこ 彼方あちら なじ きま おそ 調律ちょうりつ しょう 請合うけあい まか さい たとえ ごう にお おもむろ てら うるさ 先方むこう きずつ わざ わし こうべ あんま 何方どっち おこ つね かみ 不嗜たしなまず あつ 生身いきみ