“老輩”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らうはい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“老輩”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
それに門人中の老輩らうはい数人と、塾生の一半とが、次第に我々と疎遠になつて、何か我々の知らぬ事を知つてをるらしい素振そぶりをする。それをあやしいとはおれも思つた。しかし己はゆうべまで事の真相を看破することが出来なかつた。
大塩平八郎 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)