彼は昔の彼ならずかれはむかしのかれならず
君にこの生活を教えよう。知りたいとならば、僕の家のものほし場まで来るとよい。其処でこっそり教えてあげよう。 僕の家のものほし場は、よく眺望がきくと思わないか。郊外の空気は、深くて、しかも軽いだろう?人家もまばらである。気をつけ給え。君の足も …
作品に特徴的な語句
がわら どん ぬぐ 紙凧かみだこ ひん あやま 下駄げた なが 侮蔑ぶべつ 修繕しゅうぜん 傲慢ごうまん 其処そこ およ 勿論もちろん 単衣ひとえ 反駁はんばく 可笑おか 台詞せりふ 同棲どうせい 呆然ぼうぜん つぶや 喞筒ポンプ 喧嘩けんか うそ つぐ ささや 団扇うちわ 土産みやげ 天狗てんぐ 寵児ちょうじ 小粋こいき とが 左遷させん ちまた 干物ひもの 店子たなこ 微笑ほほえ 怜悧れいり ことごと 悔恨かいこん 憐愍れんびん ふところ 房総ぼうそう かつ 掣肘せいちゅう すく から 料簡りょうけん ふくろう 棒杙ぼうぐい 棕梠しゅろ しい 横縞よこじま 水蓮すいれん 油蝉あぶらぜみ 泥酔でいすい 流石さすが 湯槽ゆぶね 溜息ためいき 火箸ひばし 爽快そうかい 牡丹ぼたん きつね たぬき 猜忌さいき 猿股さるまた しわ まゆ 眺望ちょうぼう にら ひとみ 矢絣やがすり 石膏せっこう やしろ 稲荷いなり 竜駿りゅうしゅん ほうき 箪笥たんす つむぎ 紺絣こんがすり 絨氈じゅうたん 綺麗きれい あく 耳朶みみたぶ ひじ また ひざ すね 自矜じきょう 莫迦ばか 落款らっかん あお 蕎麦そば