“揚汐”の読み方と例文
読み方割合
あげしほ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
し給ふとは卑怯なりと手引袖引萬八樓の棧橋より家根船に乘込せしが折節揚汐といひ南風なれば忽ち吾妻橋をも打越え眞乳んで乘込彼端唄れたる山谷堀より一同船を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)