“双親”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ふたおや86.7%
そうしん13.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで彼は敵打一行が熊本の城下を離れた、とうとう一封の書を家に遺して、彼等のを慕うべく、双親にも告げず家出をした。
或敵打の話 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
予もそんな孝行をして見たいが子孝ならんと欲すれども父母たずで、海外留学中に双親とも冥途に往かれたから今さら何ともならぬ。
余はいささかこれをもってなんじの老境をし、なんじの笑顔を開くの着歩なりと信ず。ゆえに余は謹んでこの冊子を余が愛しかつ敬する双親膝下に献ず。
将来の日本:04 将来の日本 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
山吹の雨や双親堂にあり
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)