黄昏の地中海たそがれのちちゅうかい
ガスコンの海湾を越え葡萄牙の海岸に沿うて東南へと、やがて西班牙の岸について南にマロツクの陸地と真白なタンヂヱーの人家を望み、北には三角形なすジブラルタルの岩山を見ながら地中海に進み入る時、自分はどうかして自分の乗つて居る此の船が、何かの災難 …
作品に特徴的な語句
はづ とほざか 市場フエリヤ ひやゝ むかう 徐々おもむろ あらは こは くつがへ 謡曲えうきよく 女神によしん おそろ たはむ がく 流出ながれで にぎは いで 夕凪ゆふな 庭苑ていゑん じやう あかる あたゝか とど かく なめらか 薫香くんかう あらは あが 島嶼しま 思付おもひつ 情緒じやうしよ きたな きらめ さわやか 立琴アルプ まひ たけなは しづか 首肯うなづ もよほ はい すべ 午過ひるすぎ あは 合方あひかた 咄嗟とつさ たゞ さかひ ゆふべ よる ちぎり すくな 少女をとめ 工夫こうふ 巴里パリー 幕開まくあ のち 心地こゝち 思浮おもひうか 惹起ひきおこ をり おぼ たゞよ もら すま さわや なほ うま 相容あひい くら 突出つきで 童貞わらべ ふなべり あを あゐ いざな 軽佻けいてう 輪郭りんくわく かよ 逸散いつさん 釣合つりあ しきり 一振ひとふり 一節ひとふし うち すなは 五色ごしき 偏頗へんぱ 其他そのた やいば 勇立いさみた 印度インド 古物こぶつ