“天智”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
てんじ37.5%
てんち37.5%
てんぢ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“天智”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 政治 > 国家の形態・政治体制100.0%
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史40.0%
哲学 > 東洋思想 > 日本思想1.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
白鳳時代は天智てんじ天皇より、元明天皇平城京遷都までをう。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
が、さらに著しいのは天智てんじ天皇崩御後における壬申じんしんの乱において、身分の低い舎人とねりや地方官をのみ味方とする天武天皇の軍が、大将軍大貴族の集団たる朝廷方を粉砕したことである。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
のちに天皇天智てんちとなった中大兄皇子なかのおおえのおうじが、その人であった。
天の川のもとに天智てんち天皇と虚子と
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)
橘夫人は天智てんぢ時代に生まれ、天武時代にその若き恋の日を送り、持統時代の文武もんむ帝の養育者となり、文武時代に光明后を産んだ人である。
古寺巡礼 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
中大兄皇子は、後に第三十八代天智てんぢ天皇とならせ給うたが、新政のために、新らしき都を選ばれる意味で、近江あふみ志賀しがに都し給うた。これが大津ノ宮である。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)