“中大兄皇子”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
なかのおおえのおうじ66.7%
なかのおほえのわうじ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“中大兄皇子”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 政治 > 国家の形態・政治体制100.0%
芸術・美術 > 芸術・美術 > 芸術史 美術史40.0%
歴史 > 日本史 > 日本史2.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
のちに天皇天智てんちとなった中大兄皇子なかのおおえのおうじが、その人であった。
その後いくばくもなくして蘇我一族も滅亡し、中大兄皇子なかのおおえのおうじ中臣鎌足なかとみのかまたりによって大化の改新がなされたことは周知のところであろう。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
この聖徳太子の御精神と御事業を継承して、大化の改新を断行されたのが、中大兄皇子なかのおほえのわうじである。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
上代に於けるわが日本国家の基礎を堅め、国民をして文化生活の恵沢に浴せしめた偉大なお二方ふたかたがある。それは、聖徳太子と中大兄皇子なかのおほえのわうじである。
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)