探偵夜話たんていやわ
例の青蛙堂主人から再度の案内状が来た。それは四月の末で、わたしの庭の遅桜も散りはじめた頃である。定刻の午後六時までに小石川の青蛙堂へ着到すると、今夜の顔ぶれはこの間の怪談会とはよほど変わっていた。例によって夜食の御馳走になって、それから下座 …
作品に特徴的な語句
おろ やから 老爺じいや 驟雨シャワー 冷々ひやびや いじ うど しも 偏僻ひがみ つた 思慮おもわく ぴき くち はな 上書うわが いだ おびや 落着らくぢゃく いや 人気じんき 食卓ちゃぶだい もぐ せん すそ つの 渇仰かっこう 午前ひるまへ 洋傘かさ 単衣ひとえもの かじ 水口みずくち 連合つれあ 大勢たいせい はず しわが かか とびら 思召おぼしめし しん 日向ひゅうが つばさ 強請ゆす 木実きのみ よぎ ゆか ひさし 朴歯ほうば ふさ 核子かくし こん 尋常ただ うたい 容貌きりょう 機織はたお いえ 実否じっぷ じつ から 好子よしこ むら みぞ まなこ 盛夏まなつ くも 湿 とっ 温室むろ かた こご 医師いし つら かざ 上下かみしも 一埒いちらち かたき くち むご 沃度ようど 云々しかじか 名代みょうだい 合力ごうりょく そう さし