探偵夜話たんていやわ
例の青蛙堂主人から再度の案内状が来た。それは四月の末で、わたしの庭の遅桜も散りはじめた頃である。定刻の午後六時までに小石川の青蛙堂へ着到すると、今夜の顔ぶれはこの間の怪談会とはよほど変わっていた。例に …
作品に特徴的な語句
きず びん ふか 与力よりき いた 百日紅さるすべり さば 生木なまき 馬士まご 堅気かたぎ 本文ほんもん 発作ほっさ さめ くど 粗朶そだ のき かつお 片言かたこと 上眼うわめ むじな きび 石塊いしころ 文言もんごん たら 殊勝しゅしょう まぐろ 風丰ふうぼう 大銀杏おおいちょう 午前ひるまへ 悶着もんちゃく 入水じゅすい 渇仰かっこう 下膨しもぶく 機織はたおり 手斧ちょうな 女将おかみ えら 下心したごころ 波止場はとば 収入みいり 朴歯ほうば 蝦蟆がま 小商人こあきんど 無銭ただ 切羽せっぱ 稗史はいし 冷々ひやびや 勧化かんげ 医師いし ドル 加答児カタル 混血児あいのこ 生贄いけにえ さし 獰悪どうあく 合力ごうりょく 庇髪ひさしがみ 細雨こさめ 連合つれあ 盛夏まなつ 蟒蛇うわばみ 食卓ちゃぶだい かざ 判官ほうがん 秘密ひみつ 白昼まひる 上書うわが 実否じっぷ 顔容かおかたち 高低たかひく 誠心まごころ 水口みずくち 相対あいたい たから 人車くるま 朝涼あさすず 一埒いちらち 東南たつみ 思慮おもわく 真打しんうち 五間いつま 二戸前ふたとまえ 山女やまめ 居据いすわ 木実きのみ 許可ゆるし 抱妓かかえ 楔子くさび 沃度ようど 流行妓はやりっこ 偏僻ひがみ 鉄鉢てっぱつ 上封うわふう 温室むろ 耄碌頭巾もうろくずきん 蛔虫かいちゅう 無名指くすりゆび 狂女きちがい 軒別けんべつ