“鉄鉢”のいろいろな読み方と例文
旧字:鐵鉢
読み方割合
てっぱつ41.7%
てつばち41.7%
てつばつ8.3%
てっぱち8.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宗旨はなんだか知らないが、尼はきょうも隣り村へ托鉢に出たとみえて、片手には鉄鉢をささげていた。片手には珠数をかけて、麻の袋をさげていた。
探偵夜話 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
和尚はそれを捉えて弟子が捧げている鉄鉢に入れたで、又念じていると屏風のから一尺ばかりの小蛇が這いだして来た。
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
口の中にかう言つて、かれは僧衣の上に袈裟をかけて、何年ともなく押入の中に空しくつてゐた鉄鉢を手にして、そして出かけた。
ある僧の奇蹟 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
ねおきて見ると、いつのにそこへきたか、網代眉深にかぶったひとりの旅僧、ひだりに鉄鉢をもち、みぎにをふりあげて
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)