“粗削”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あらけず66.7%
あらけづ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“粗削”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
そして、その素人素人しろうとしろうとした粗削あらけずりなり口こそ、かえってその筋の苦労人の手足を封じ込めた最大の真因しんいんだった観がある。
女肉を料理する男 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
粗削あらけずりにたいらげたるかし頸筋くびすじを、太い藤蔓ふじづるいて、余る一尺に丸味を持たせたのは、両の手にむんずと握る便りである。
虞美人草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
僕等はあまり多い粗削あらけづりの藝術に倦きて居る。
京阪聞見録 (旧字旧仮名) / 木下杢太郎(著)