“自棄酒”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
やけざけ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“自棄酒”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
このに臨んでも、自棄酒やけざけが手伝うせいもあるでしょうが、捨鉢な洒落しゃれを言っております。次の駄菓子屋は留守。——
娘の留守に自棄酒やけざけあふつた金五郎が、夜中にフラフラとお六を殺したくならないものでもあるまい——と