“毒薬”のいろいろな読み方と例文
旧字:毒藥
読み方割合
どくやく80.0%
いっぷく20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
試験管をならべ、毒薬とかかれた茶色のびんをとりあげると、試験管の中に、たらたらと、三、四をたらしこんだ。
、あすこに、どくろのしるしのついただながあるだろう。さっきいった毒薬のびんが、あのに、はいっているのだよ。」と、さしました。
天女とお化け (新字新仮名) / 小川未明(著)
鰒汁とこいつだけは、命がけでもめられねえんだから、あの人のお酌でも頂き兼ねねえ。軍医の奥さんにお手のもので、毒薬られちゃ大変だ。
婦系図 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)