“頼光”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
らいこう89.5%
よりみつ5.3%
らいくわう5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
頼光はさっそくにいいつけて、さっき神様からいた「方便毒酒」をして、酒呑童子大杯になみなみとつぎました。
大江山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
また頼光中納言維仲卿御息女ひさせひて
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
して、一車税銀八匁なりとせてある。勿論金澤福井などでは、俵藤太も、頼光瀧夜叉姫も、まだもなかつたらう。
麻を刈る (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)