“らいこう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
頼光68.0%
来寇20.0%
雷光4.0%
雷公4.0%
雷吼4.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まず弓矢八幡大菩薩頼光、綱、八郎、田原藤太、みんなのお力をたばにしたくらいの腕前でもなけれや、間に合いますまい。
新釈諸国噺 (新字新仮名) / 太宰治(著)
九州水城の城において、唐軍の来寇にたいし、堤を築き水をみなぎらせ、これを切って氾濫せしめ、一挙に唐軍を押し流そうと作戦したとか——何かの記に見たことがありました
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
黒雲の中、雷光が走る。青い竜がのたうちまわっているようだ。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
火山する迷信がこのように國民腦裡支配してゐる學問進歩しなかつたのは當然である。雷公今日我々忠實使役をなすのに、火山のみ頑固におはすべきはずがない。
火山の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
大風四匝せる石壁を透徹して雷吼す、駭魄して耳目きはめて鋭敏となり、昨夜御殿場旅館階上の月をひ起し、一人に戸を排して出で、火孔に吹き飛ばされぬ用心して
霧の不二、月の不二 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)