“源頼光”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
みなもとのらいこう75.0%
みなもとのよりみつ25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“源頼光”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.2%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
むかし源頼光みなもとのらいこうという大将たいしょうがありました。
大江山 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
このきこりとせたのはじつは碓井貞光うすいのさだみつといって、その時分じぶん日本一にほんいちのえらい大将たいしょう名高なだか源頼光みなもとのらいこう家来けらいでした。
金太郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
重ければ源頼光みなもとのよりみつ以来の名家古河十二万五千石も嫡子ないゆえをもって、そのまま廃絶というきわどい場合、なにとぞ手前の辛苦をあわれと思召され
顎十郎捕物帳:10 野伏大名 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)