“多能丸”の読み方と例文
読み方割合
たのうまる100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
元来利口で勇気のある男でしたから、盗坊の仲間では、だんだん出世をしまして、鬼童丸が源頼光みなもとのらいこう様に殺されたのちには、自分が仲間の大将になって、名を改めて、みぞろが池の多能丸たのうまると言って、都近くの家を荒しておりました。
三人兄弟 (新字新仮名) / 菊池寛(著)