“雅名”の読み方と例文
読み方割合
がめい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
神主宮氏の家に貞和文明の頃の記録今にせり。当主文雅吟詠にもり、雅名正樹といふ。同好を以てむ。幣下社家諸方にあまたある大社也。
荷田春満というのは、和歌や国学の上につかっている雅名であって、本名は羽倉斎といった。
新編忠臣蔵 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは兎に角私も粕谷の住人としてもう新参ではありません。住居の雅名しくなったので、私の「新春」が出た大正七年に恒春園と命名しました。台湾の南端に恒春と云う地名があります。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)