“貞奴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
さだやっこ55.6%
さだやつこ44.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
芳町嬌名高かった妓は、川上音次郎の妻となって、新女優の始祖マダム貞奴として、我国でよりも欧米各国にその名を喧伝された。
明治美人伝 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
ここは川上音二郎貞奴の夫妻を主脳として、藤沢浅二郎、佐藤歳三、児島文衛、中村信近などの一座で、十一月には「ハムレット」の翻案物を上演していたが、日々満員の好景気で
明治劇談 ランプの下にて (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
しかし今では女も男に負けぬ程くなつた。大隈伯が願を掛けたら、屹度義足を奉納する。貞奴だつたら桃介さんのでも納めよう。
在来の如何はしい日本通とつて大分に精細な所まで研究が届いてるらしく、貞奴の語がヱレン氏の口から出ると「彼女は俳優でない、芸者である」
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)