“臓”のいろいろな読み方と例文
旧字:
読み方割合
ぞう75.0%
ざう18.8%
はらわた6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長いことに耳を当てたりしたあげく、とど遺骸と見極めたのだから、よもやそこらに抜かりはあるまい、常吉はこう言い張った。
しかし今では女も男に負けぬ程くなつた。大隈伯が願を掛けたら、屹度義足を奉納する。貞奴だつたら桃介さんのでも納めよう。
そして、彼女が泣く時臍は急に飛び出て腹全体が臍を頭としたヘルメットのような形になってごぼごぼ音を立てた。それはいつ内部のが露出せぬとも限らぬ極めて不安心な臍だった。
御身 (新字新仮名) / 横光利一(著)