“五臓”の読み方と例文
旧字:五臟
読み方割合
ごぞう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
恐ろしい佝僂で、高く盛上がった背骨にられて五臓はすべて上に昇ってしまい、頭の頂は肩よりずっと低く落込んで、を隠すばかり。
悟浄出世 (新字新仮名) / 中島敦(著)
人間だって、皮、血、肉、五臓六腑、そんなものでねあげて、これにものを着せるんです。第一貴下、美人だって、たかがそれまでのもんだ。
春昼 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
五臓に、しみたのである。それからは、努力した。
春の盗賊 (新字新仮名) / 太宰治(著)