“安貞”の読み方と例文
読み方割合
あんてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この耄及愚翁本は奥書きに安貞二(一二二八)年の年号があるものであって、足利尊氏に擁立せられた後光厳院よりは少なくとも二、三十年は古い。
日本精神史研究 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
清川安策、柴田常庵、三好泰令、雨宮良通、島村周庵、前田安貞、高井元養等が即是である。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
其の元祖藤四郎という人がヘーシを発明致したは貞応の二年、開山道元に従い、唐土へ渡って覚えて来て焼き始めたのでございましょうが、これが古瀬戸と申すもので、安貞元年に帰朝致し
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)