“安倍貞任”の読み方と例文
読み方割合
あべのさだとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大きくなって、義家はおとうさんの頼義について、奥州安倍貞任宗任という兄弟えびすを征伐に行きました。
八幡太郎 (新字新仮名) / 楠山正雄(著)
それは衣川の役を主題としたもので、源義家と安倍貞任とが戦中に立て引きをする処、……例の、衣のはほころびにけりという歌の所であります。
袖萩祭文」という芝居の中に、桂中納言に化けて出た安倍貞任が、花道の中ほどで、引き抜きになり、「奥州のあらゑびす」と威張るところがある。