“古瀬戸”の読み方と例文
読み方割合
こせと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
僕 誰が矛盾と思ふものか? 一人の女を愛するものは古瀬戸の茶碗を愛さないかも知れない。しかしそれは古瀬戸の茶碗を愛する感覚を持たないからだ。
闇中問答 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
むかし、小堀孤蓬庵が愛玩したといふ古瀬戸の茶入「伊予簾」を、その子の権十郎が見て
侘助椿 (新字旧仮名) / 薄田泣菫(著)
其の元祖藤四郎という人がヘーシを発明致したは貞応の二年、開山道元に従い、唐土へ渡って覚えて来て焼き始めたのでございましょうが、これが古瀬戸と申すもので、安貞元年に帰朝致し
菊模様皿山奇談 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)