“瀬戸内海”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せとないかい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“瀬戸内海”を含む作品のジャンル比率
自然科学 > 地球科学・地学 > 気象学3.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.3%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
良寛さんが、これから二十年あまり送ることになつた備中の国、玉島は、瀬戸内海せとないかいに面した港町であつた。
良寛物語 手毬と鉢の子 (新字旧仮名) / 新美南吉(著)
玄海灘げんかいなだほとりより、馬關海峽ばくわんかいけうき、瀬戸内海せとないかい