“長久手”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ながくて100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“長久手”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「おお、さすれば、長久手ながくてにある殿の軍勢も、充分、備えをあらためて、秀吉を待つ余裕を生じるわけだの」
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
長久手ながくての大勝利が、つよく伝えられていたので、帰還した将士も、迎える領民も、みな徳川軍の完勝を謳歌おうかして、誇りあった。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)