“細久手”の読み方と例文
読み方割合
ほそくて100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これから大久手細久手へ掛り、御嶽伏水といふ処を通りまして、太田の渡しを渡って、太田の宿の加納屋という木賃宿に泊ります。
敵討札所の霊験 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
過ぎて新街道大釜戸といふより御嶽へ出づ元は大井より大久手細久手を經て御嶽しなれど高からねど山阪多きゆゑ釜戸
木曽道中記 (旧字旧仮名) / 饗庭篁村(著)
(仙台政宗の歌に、山あひの霧はさながら海に似て波かときけば松風の声。)一里三十丁細久手駅。此近村に一の清水といふあり。由縁ならず。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)