“宣教師”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
せんきょうし50.0%
バテレン16.7%
ばてれん16.7%
せんけうし16.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、本能寺とどうじに、異国宣教師たちは信長というただひとりの庇護者をうしなって、この南蛮寺も荒廃してしまった。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
信長の望みを聞いて、宣教師たちは狂喜しながら光栄を語り合った。そのおしゃべりにいなく、信長はどしどし階上へ登ってゆく。
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
元来スペインの広大な領土は宣教師を手先に使って侵略したものだと、まことしやかに述べ立てるスペイン人があり
真面目ならざる宗教家とは、直接間接外国伝道会社補助かり居りながら外国宣教師悪口批難するものなり、社界先導者を以て自らじ居りながら社界引摺られつゝ行くものなり
時事雑評二三 (新字旧仮名) / 内村鑑三(著)