“家譜”の読み方と例文
読み方割合
かふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この話は「続武家閑話」にったものである。佐橋家の家譜等では、甚五郎ははやく永禄六年一向宗徒にして討死している。
佐橋甚五郎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
「多聞院日記」の記事によれば、この時の激戦は、三日にるとあるが、「柳生家家譜」には、七日をとある——
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
充分に時間の余裕があったのですから、それに尚家に保存されていた沢山の貴重な古記録、例えば厖大な「家譜」など湮滅してしまったと聞きました。
沖縄の思い出 (新字新仮名) / 柳宗悦(著)