“かふ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
寡婦34.0%
家扶28.7%
14.9%
火夫5.3%
家婦3.2%
家譜3.2%
2.1%
下附2.1%
佳婦1.1%
1.1%
家父1.1%
華府1.1%
1.1%
1.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それら寡婦のうち衣食に窮するままに、辺境守備兵の妻となり、あるいは彼らを華客とする娼婦となり果てた者が少なくない。
李陵 (新字新仮名) / 中島敦(著)
が、一寸間を置いて、あわただしく車内へ馳せ込んだ男は、先の紳士と同年輩らしい少し古びた洋服着の、一見して一行の家扶であることが分った。
動かぬ女 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
眞白なのは、へ、なるは、かへして、指環紅玉へ、朱鷺色して、るまでにれたのであつた。
印度更紗 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いい気持で、睡っていた船員や火夫達は、一人のこらずき起され、救助隊が編成せられ、衛生材料があるだけ全部船長室に並べられた。
幽霊船の秘密 (新字新仮名) / 海野十三(著)
すなわち家婦にして、昼夜のなく糸を木綿を織り、およそ一婦人、世帯に、十日のを以て百五十目の綿を一反の木綿に織上れば、三百目の綿に交易すべし。
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
「多聞院日記」の記事によれば、この時の激戦は、三日にるとあるが、「柳生家家譜」には、七日をとある——
剣の四君子:02 柳生石舟斎 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
堀の内よりはじむ、次に小千谷、次に十日町、次に塩沢、いづれも三日づゝてあり。(年によりて一定ならず)右四ヶ所の外には市場なし。十日町には三都呉服問屋の定宿ありて縮をこゝに
僕は今、子供の様に、乙種運転手免状が下附される日を、待ちこがれているのだよ
(新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
さんと夫より播州てぞぎける所々方々と尋ぬれど行衞は更にざりしが或日途中にて兵助に出會しも六郎右衞門は天蓋りし故兵助は夫とも行過んとせしに一陣の來り天蓋を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
家父とも頼む叔父に死なれ、主と仰ぐ人にはまれ疑われ、寄るに陣地なく、遂に江北を脱してこれへ参りましたもの。——願わくはそれがし両名の寸命を用いて、良き死場所をお与えください
三国志:07 赤壁の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
東京と、華府との二ヶ所では、政府当局と相手国の全権大使とが、頻繁に往復した。外交文書には、次第に薄気味のわるい言葉がりこまれて行った。
空襲葬送曲 (新字新仮名) / 海野十三(著)
あはれ果敢なき塵塚に運命を持てりとも、なきれはむらじと思へる身の、何所にか悪魔のひそみて、あやなき物をも思はするよ。
軒もる月 (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
をだにくる所もなく、唯両脚を以てへて蹲踞するのみ、躰上に毛氈と油紙とをれども何等もなし、人夫にりては饅頭笠に初日の温泉塲に於て
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)