“三都”の読み方と例文
読み方割合
さんと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「昔、左思が作った三都の賦は十年してできあがりました。文章は巧みなのをんで、速いのを貴びません。」
織成 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
三都の読書子などは、三月の節供といえば直ぐに雛人形を連想し、外国人の著述にはこれを珍しい日本の古風俗の随一にえているが、これが存外近い頃からの流行であり
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
堀の内よりはじむ、次に小千谷、次に十日町、次に塩沢、いづれも三日づゝてあり。(年によりて一定ならず)右四ヶ所の外には市場なし。十日町には三都呉服問屋の定宿ありて縮をこゝに