“井上”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
いのうえ57.1%
ゐのうへ28.6%
イノウエ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“井上”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 社会科学 > 社会思想3.4%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
下総国高岡の城主井上いのうえ筑後守正滝まさたきの家来鈴木伯寿はくじゅの子である。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
井上いのうえ少年がいった。彼は、柔道を習っていて、活の入れかたを知っていた。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)
ナニ心配する事はない、コレ井上ゐのうへ此所これい、ついで其方そのはうつかはすから。
華族のお医者 (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
そこで『井上ゐのうへ英和辭典えいわじてん』をいてると、うある。
古典的な舞踊の流派は藤間フジマ西川ニシカワ井上イノウエ若柳ワカヤギ花柳ハナヤギ等それぞれのリサイタルをひらいている。
今日の日本の文化問題 (新字新仮名) / 宮本百合子(著)