桜と狆と愛国心さくらとちんとあいこくしんコスモポリタンの心理コスモポリタンのしんり
一體コスモポリタンといふ言葉の正確な意義はどういふのだらう。私には先づ此の疑問が起つた。そこで『井上英和辭典』を引いて見ると、斯うある。 名詞=四海を家とする人。一所不住の人。世界的の人。世界主義者。 …
作品に特徴的な語句
其時そのとき たみ ひろ のこ 朝日あさひ くに 疑問ぎもん 依然いぜん 本統ほんたう 我家わがいへ 餘計よけい 家督かとく 其後そのご 友人いうじん 其頃そのころ 保護ほご 旅行りよかう 當然たうぜん 明治めいぢ 全部ぜんぶ 徹底てつてい 勢力せいりよく 意見いけん 個人こじん 國民こくみん 大和魂やまとだましい 利益りえき 何程なにほど 借金しやくきん 周圍しうゐ そう あらそ 部分ぶぶん 動物どうぶつ 多少たせう ぞく 心理しんり 當惑たうわく 心中しんちう 執着しふちやく 搾取さくしゆ あた 風俗ふうぞく 意義いぎ 思想しさう 地所ぢしよ すべ 士族しぞく 批難ひなん 超脱てうだつ 所有しよいう 家屋かをく ゑん 人種じんしゆ 正確せいかく 住所ぢうしよ 學生がくせい 井上ゐのうへ 偏見へんけん 家具かぐ 海外かいぐわい 植物しよくぶつ 日本人にほんじん しう 共通きようつう 多量たりやう 勞働らうどう 愛着あいちやく 居住きよぢう 世界的せかいてき 制限せいげん 同郷どうきやう 墮落だらく 形容詞けいようし 日本語にほんご 半煮はんに 國語こくご 衣食いしよく 大日本だいにほん 集團しふだん 勞働者らうどうしや 日本國にほんこく 日本國民にほんこくみん 日露戰爭にちろせんさう 私自身わたしじしん 表象へうしやう 豪傑連がうけつれん 資本家しほんか 同郷人どうきやうじん 少年時代せうねんじだい 全地球上ぜんちきうじやう 同藩どうはん 日本帝國にほんていこく 日清戰爭につしんせんさう 極小ごくせう