“當惑”のいろいろな読み方と例文
新字:当惑
読み方割合
たうわく81.8%
とうわく18.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
七日々々追善供養も心の及ぶだけはめしが何分男の手一ツでき者の養育當惑は漸く近所などし摺粉
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
宗助可憐自白さめていか分別つて當惑してゐたうちにも、御米してだといふ非常まつた。
(旧字旧仮名) / 夏目漱石(著)
つたにア身躰く、肺病てゐるからんど當惑するだつて心配でならんから心配れやうとつて、ついむ、めばむほど心配する。
罪と罰(内田不知庵訳) (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
平生學海居士儒家らしき文氣馬琴けたる健筆欽羨するものなるが、する居士評文りに居士代表するきには當惑するところなきはざりし。
「罪と罰」の殺人罪 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)