“不禮”の読み方と例文
新字:不礼
読み方割合
ぶれい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
知ぬ人非人なりとりけるに三郎兵衞大いに怒り人非人とは不禮千萬と云樣銀煙管を以て四郎右衞門の
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
其時荒坊主岸破起上り、突立ツて、はつたとけ、「いかに龍神不禮をすな、には文覺法華行者つてるぞ!」と大音けたとふ。
旅僧 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
最早日本つて不禮ふるからずとまで、戰慄恐懼する大軍器發明するとしたを、かのは、快哉んだのみ、希望として、めてつたが