“恐懼”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きょうく87.5%
おそれ6.3%
きようく4.7%
きやうく1.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
下野はいよいよ恐懼して身をちぢめた。四、五十名の一小隊をあずかる侍頭に過ぎない身分を顧みて、思案に余るものらしく見えた。
上杉謙信 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
これを見たものはびっくりして、これは必ず切支丹に相違ないと言って、皆大いに恐懼いたとの話もある。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
そこで驚き恐懼して御大葬の宮殿にお遷し申し上げて、更にその國内から幣帛を取つて、生剥逆剥畦離ち・溝埋め・屎戸・不倫の結婚の罪の類を求めて大祓してこれを清め
最早日本つて不禮ふるからずとまで、戰慄恐懼する大軍器發明するとしたを、かのは、快哉んだのみ、希望として、めてつたが