“屎戸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
くそへ66.7%
クソベ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこで驚き恐懼して御大葬の宮殿にお遷し申し上げて、更にその國内から幣帛を取つて、生剥逆剥畦離ち・溝埋め・屎戸・不倫の結婚の罪の類を求めて大祓してこれを清め
ここに驚きみて、の宮にませまつりて、更に國の大幣を取りて生剥逆剥阿離溝埋屎戸上通下通婚馬婚牛婚鷄婚犬婚の罪の類を種種ぎて、國の大して
その罪過は所謂八個の「つ罪」、即ち畔放溝埋樋放頻蒔串刺生剥逆剥屎戸の八個にして、大祓の祝詞に特筆する所なり。
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)