“大幣”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおぬさ50.0%
おほぬさ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
女の容色の事も、外に真似手のない程しく心得ている。ポルジイが一度好いと云った女の周囲には、耳食が集まって来て、その女は大幣引手あまたになる。
ここに驚きみて、の宮にませまつりて、更に國の大幣を取りて生剥逆剥阿離溝埋屎戸上通下通婚馬婚牛婚鷄婚犬婚の罪の類を種種ぎて、國の大して