“參詣人”の読み方と例文
新字:参詣人
読み方割合
さんけいにん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
參詣人へも愛想よく門前花屋口惡兎角蔭口はぬをれば、ふるしの浴衣總菜のおりなどおのずからの御恩るなるべし
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
らず迷信家信仰心喚起し、山師輩ずるとなつて、ちの評判大評判『お穴樣』とび『岩窟神社』とへ、參詣人きもらず。
からつて、露店參詣人との雜沓するを、威勢せた八足門までくと、うから群衆けて、武士がやつてた。
死刑 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)