“やまぶき”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
山吹91.0%
山蕗3.0%
茶蘼1.5%
山振1.5%
款冬1.5%
酴釄1.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの早稲田の学生であって、子規や僕らの俳友の藤野古白は姿見橋——太田道灌山吹の里の近所の——あたりの素人屋にいた。
僕の昔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
塩引のを焼いたのと、山蕗の煮浸し、木の芽味噌というも、帯刀にはまったく気にいらないらしく、「いつもこんな物を喰べているのか」と三度も繰り返し訊き
ちくしょう谷 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
朧月けている。——夜はまだ明けず、雲も地上も、どことなく薄明るかった。庭前を見れば、海棠は夜露をふくみ、茶蘼夜靄にうなれている。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
茶蘼の花の乱れ咲いている池畔へかがみこんで、きょうの酒をみな吐いてしまった。
三国志:03 群星の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
前にあった、「かはづ鳴く甘南備河にかげ見えて今か咲くらむ山振の花」(巻八・一四三五)もまた名詞止だが、幾分色調の差別があるようだ。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
また古典のうえでは“——木曾は信濃を出でしより、巴、款冬とて二人の美女を具せられたり”とみえ、山吹の名にはむずかしい字が当ててある。それも「木曾最期」の一章にしか出ていない。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
木曾桜酴釄殊妙、其外花盛に御座候而驚目申候。総而木曾之山水、豚児輩感心仕候。僕も一昨年より増り候様に覚申候。御紀行毎夕読候而御同行仕候様に奉存候。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)