ちくしょう谷ちくしょうだに
朝田隼人が江戸から帰るとすぐに、小池帯刀が訪ねて来た。 「こんどの事はまことに気の毒だ」と帯刀は挨拶のあとで云った、「しかし織部どのと西沢とのはたしあいは、斎藤又兵衛の立会いでおこなわれ、正当なものと認められたし、西沢は三年間の木戸詰に仰せ …
作品に特徴的な語句
ごん いぬい だん おう こう 蔀窓しとみまど きわ こと 有難ありがと とお かし ひさし 萱葺かやぶ 扶持ぶち 狙矢ねらいや きこり かす ほた つか ろう まぶ つる 家中かちゅう はた しつ 嬰児えいじ 穿うが 嬌態きょうたい またが 断崖きりぎし こす ひえ 良人おっと ひざ 腹這はらば すね わき もろ さかな 肢躰したい 肝入きもいり 肛門こうもん 肚立はらだ 聾唖ろうあ 老鶯ろうおう 罷免ひめん まと つな 綽名あだな つづ ひも 納戸なんど みだ こぶ 此処ここ 灼熱しゃくねつ 炉端ろばた 焚木たきぎ 無慚むざん 煎餅せんべい 煩瑣はんさ ほのお さわ 牢守ろうもり 甘煮うまに おい 疾病しっぺい あと 痙攣けいれん しび たた 糊塗こと あわ 篠笛しのぶえ ささ 笞刑ちけい 立竦たちすく にじ まれ さかずき 眸子ひとみ たて にら