“古白”の読み方と例文
読み方割合
こはく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あの早稲田の学生であって、子規や僕らの俳友の藤野古白は姿見橋——太田道灌山吹の里の近所の——あたりの素人屋にいた。
僕の昔 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
それから私の兄が久松家の用人をやめて自分の家に戻って後、そこには藤野古白の老父君であった藤野翁が久松家の用人として住まっていた。
漱石氏と私 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
自分の作句が活字となって現われたのは実にこの『俳諧』を以て初めとする。そうして我らの句と共に並べられた名前に鳴雪非風飄亭古白明庵五洲可全らの名前があった。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)