“可全”の読み方と例文
読み方割合
かぜん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
我旧師河東静渓先生に五子あり。黄塔はその第三子なり。出でて竹村氏をぐ。第四子は可全。第五子は碧梧桐。黄塔三子あり皆幼。(二月七日)
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
今の代議士武市庫太君の村居を訪うた事も覚えて居る。その同勢は子規、可全、碧梧桐の三君と余とであったかと思う。可全君というのは碧梧桐君の令兄である。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
自分の作句が活字となって現われたのは実にこの『俳諧』を以て初めとする。そうして我らの句と共に並べられた名前に鳴雪非風飄亭古白明庵五洲可全らの名前があった。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)