“かぜん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
果然85.3%
呵然8.8%
可全5.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と云うのは、果然、私は果然という感じがした。の諸戸道雄が、海岸の群衆に混って、彼方に、チラリとその姿を見せたのである。
孤島の鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
云々と云い棄てて、呵然大笑しつつを押し開き、どこへか立ち去ったとの事で、総長室の隣室で聞いていた事務員連は皆、同教授の発狂を疑いつつ顔を見合わせつつ震え上ったという。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
今の代議士武市庫太君の村居を訪うた事も覚えて居る。その同勢は子規、可全、碧梧桐の三君と余とであったかと思う。可全君というのは碧梧桐君の令兄である。
子規居士と余 (新字新仮名) / 高浜虚子(著)