“古白旧廬”の読み方と例文
読み方割合
こはくきゅうろ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明治二十八年八月 下戸塚、古白旧廬に移る。一日、鳴雪、五城、碧梧桐、森々招集、運座を開く。
五百句 (新字旧仮名) / 高浜虚子(著)