“二枝”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ふたえだ75.0%
にし25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“二枝”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その頃いつも八重さくらがさかりで、兄はその爛熳らんまんたる花に山吹やまぶき二枝ふたえだほどぜてかめにさして供へた。
父の墓 (新字旧仮名) / 田山花袋(著)
と思うと、トントントンと軽い柔かな音に連れて、つまが揺れ揺れ、揃ったもすそが、柳の二枝ふたえだなびくよう……すらすらと段を下りた。
霰ふる (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
それ手を取れ足を持ち上げよと多勢おおぜい口々に罵り騒ぐところへ、後園の花二枝にし三枝はさんで床の眺めにせんと、境内けいだいあちこち逍遙しょうようされし朗円上人
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)