“太田道灌”の読み方と例文
読み方割合
おおたどうかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それは寛正の頃、東国旱魃太田道灌江戸城にあって憂い、この杉の森鎮座の神におりをしたがあって雨降り、百穀大にる。
急がずば湿れざらましを旅人の、あとより晴るる野路の村雨——太田道灌よく詠んだとは、まったく此の事であった。近年こんな夕立はめったにない。
綺堂むかし語り (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
だからこの武蔵野の草分けは、江戸太郎でもなし、太田道灌でもないし、徳川家康でもないということになる。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)