“太田備中守資晴”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
おおたびっちゅうのかみすけはる50.0%
おほたびつちゆうのかみすけはる50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
与力の座を立ったあとへ、城代太田備中守資晴がたずねて来た。正式の見回りではなく、私の用事があって来たのである。
最後の一句 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
與力の座を起つた跡へ、城代太田備中守資晴が訪ねて來た。正式の見廻りではなく、私の用事があつて來たのである。
最後の一句 (旧字旧仮名) / 森鴎外(著)