“備中守”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
びっちゅうのかみ85.7%
びつちうのかみ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“備中守”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 伝記 > 個人伝記0.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
政宗の方の片倉備中守びっちゅうのかみが三春の城に居るから、油断のならぬ奴への押えである。
蒲生氏郷 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
そうなると、歴史上の事実として、安政元年正月に、小判三万両を携えて、京都へ上った堀田備中守びっちゅうのかみ正睦まさよしの、あつらえ向きの事件がある。
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
其処そこしぶりながら備中守びつちうのかみ差出さしだうでを、片手かたて握添にぎりそへて、大根だいこんおろしにズイとしごく。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
いか按摩あんま、とばゝつて、備中守びつちうのかみゆびのしなへでウーンとつたが、一向いつかうかんじた様子やうすがない。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)