“備中守”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
びっちゅうのかみ85.7%
びつちうのかみ14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうなると、歴史上の事実として、安政元年正月に、小判三万両を携えて、京都へ上った堀田備中守正睦の、あつらえ向きの事件がある。
胡堂百話 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
文政十二年三月十七日に歿して、享年五十三であったというから、抽斎の生れた時二十九歳で、本郷真砂町に住んでいた。阿部家は既に備中守正精の世になっていた。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
いか按摩、とばゝつて、備中守のしなへでウーンとつたが、一向じた様子がない。さすがに紫色つた手首を、按摩らうとせず
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
ふ。其処りながら備中守差出を、片手握添へて、大根おろしにズイとく。とえゝ、つたいぎか。だけでれるばかり。
怪力 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)