“借受”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
かりうけ50.0%
かりう50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
尋ね出して道十郎殿の惡名をがせん者をと夫より心を定め赤坂傳馬町へと引取られ同町にてながらも孫店借受爰に雨露
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
持せ萬端長兵衞が世話にて紙屑買仲間に入り又橘町の立場へも長八を同道して敷金御膳籠鐵砲笊籠量等借受いくら目あつて何程といふ事を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
より一借受けて、逗留をしてつたが、かほどの大事ぢや、大分さねばならぬ子供ろすには精分をつけてからと、づ一に三ツづゝ鶏卵まして
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)